あのベストセラー『億万長者専門学校』のクリス岡崎がつくりあげた
億万長者専門学校1Dayスクール

2008年04月27日

収納の本に頼って家具を買ってはいけません!

私が主人と結婚をしてすぐ、2人で住む場所を見つけて、文京区のマンションからスタートさせることにしました。

お互い一人暮らしが長かったので、それほど大きな家具がありません。
そこで、楽しい家具選びを2人ではじめました・・・今考えると、ここから私の汚部屋人生が始まったような気がします。

家具について詳しくない私は、収納やインテリアの本を買い込んで、まずは勉強をはじめました。(何事も形から入るタイプなんですね。)
DSCN1195.JPG
写真の中の一番上にある「家族を幸せにするインテリア」がどんな家具を買うとよい・・・と、具体的に書いてあったので、それを元に素直な私は全てその通りに買ってしまったのです。

さて、リビングルームでの家具の失敗談です。
本の中に、狭い家の場合、ダイニングセットとソファを一緒にするという考えで、テーブルはツーウェイテーブルを選びました。
レバー操作一つで上下ができるタイプのテーブルです。
椅子は、ソファータイプで、そのテーブルをコの字に囲んで座ります。

2人の頃はまだよかったのですが、すぐに子供が生まれてみると、小さな赤ちゃんはソファーに座ることもできません。
少し動くようになると、レバーを触ることが多く、怪我をしないか心配でたまりません。
食事をするようになると、やっぱり一人で座っていても、ソファー椅子は安定がよくなく、子供の姿勢が悪くなるばかり。

私は、早く普通のダイニングセットが欲しい、と毎日思いながら過ごす日々でした。

ベットも、キングサイズを準備したのですが、ベットの足は低い方が部屋を広く見せることができてよい・・・と書いてあるので、その通りにしました。

でも、実際は掃除をする立場から言わせてもらえば、シングルベットを二つあわせた方が便利だし、ベットの足は高い方が掃除もしやすいです。
部屋が狭くなるかどうかはわかりませんが、寝室なので、自分たちが気持ちよく眠れればよいので、掃除の行き届いた状態であればよいのではないか・・・と、本当に後悔ばかりです。

皆さん、どうか私のように、収納・インテリアの本ばかりに頼ると、汚部屋の原因にもなるし、ストレスがたまる可能性もあります。
草間先生は、家具選びはある程度プロの手を入れた方がいいですよ・・・とおっしゃっていました。
どのように草間先生が我が家を変えていくのか、楽しみにしていてくださいね。
posted by サリー at 00:00| Comment(0) | 私の収納体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
あのベストセラー『億万長者専門学校』のクリス岡崎がつくりあげた
億万長者専門学校1Dayスクール
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。