あのベストセラー『億万長者専門学校』のクリス岡崎がつくりあげた
億万長者専門学校1Dayスクール

2010年05月31日

小さな子どもでも分類と処分は楽しくできますよ!

R0012700.JPG
美的収納を初めて行った時、長男は5歳、二男は2歳でした。
あれから2年・・・長男は7歳、二男は4歳になりました。

使ったオモチャはしっかりとお片付けできるようになった息子たちですが、子どもたちにとっての2年間というのは遊びの内容も違ってきており、オモチャの好みもどんどん変化してきております。

私は、夜な夜な子どもたちのオモチャの中から、「もうこれは使わないわね。ご苦労さま」と少しずつ処分をしておりましたが、今回草間先生が「オモチャの分類・処分は子どもたちと一緒にやりましょう。」と、息子二人と作業を行っているのが上記の写真です。

私が一つのオモチャを見せて「ねぇ、これはもう使っていないから、誰かにあげてもいい?」と聞くと、「ダメ、使っているから、あげないで!」と言われるのに、なぜなのでしょう草間先生と子どもたちのこのような和やかな雰囲気の中、作業は続けられその日に処分できたオモチャは本はかなりの量でした。

私があんなに頑張っていたのに、この差は何なのでしょうと落ち込んでおりましたが、やはりこの差は分類でした。

子どもたちに分類を教えて自分たちで行う。
そうすることによって、同じようなものを持っていたり、遊びたいものと遊びたくないものが明確になるようです。

その上、知らないうちに処分されるよりも、自分で今までお世話になってきたオモチャに感謝しながら処分することを決めることができるというのは、大きな違いがあります。

子どもの物を分類・処分される場合は、ぜひお子様と一緒に行ってみてください。 4歳の子どもでも十分にできますよ!
posted by サリー at 19:34| 美的収納は続く・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
あのベストセラー『億万長者専門学校』のクリス岡崎がつくりあげた
億万長者専門学校1Dayスクール
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。