あのベストセラー『億万長者専門学校』のクリス岡崎がつくりあげた
億万長者専門学校1Dayスクール

2008年05月10日

収納の作業に入れない・・・汚部屋はどうなることか。

4月29日、私の父が朝6時に心筋梗塞で急死をしました。
横浜の自宅でその知らせを受けて、私は泣きながら荷物をまとめて、すぐに宮崎の実家へむかいました。

昨日まで元気に仕事をしていて、最近電話をした時も、毎日風邪もひかずに仕事をしているよ・・・と、話してくれていたのに。

あまりにも突然のことで、私はこんなに涙がでたのは、生まれて初めてでした。

通夜から葬儀と、私は長女なので、全てのことを母と一緒に行わなくてはなりません。 
とにかく、父のためにも、全てのことを滞りなく行うことが私のやるべきことでした。

丁度、葬儀の日は草間先生がいらして収納作業をスタートさせる日でした。 横浜から宮崎へ向かう途中で、事前に連絡をしたところ、快く日程を変更してくださって、優しいメールもいただきました。

父は、今回の草間先生に依頼をして、部屋がどれだけ変わるか、本当に楽しみにしてくれていました。
私も、次に父が来る時は、気持ちのよい空間の中で生活してもらえると、部屋をみせることが目標だったのです。

その父がいなくなった今、私のパワーがダウンしてしまいました。
横浜に戻って1週間も、掃除をしなかったんです。
草間先生にも事情を話して、私は収納作業もとりかかれません・・・と弱音をはこうかと思った翌日、私は夢を見ました。

父が夢の中で、笑顔で手を振ってくれていました。 言葉は何もなかったけれど、私はこのままではいけない、子供のためにも、主人のためにも、私は明るく元気でいなくてはいけないと思いました。
それに、父も直接見せることはできないけれど、きっと私の家がキレイになることは楽しみにしてくれているはずです。

すぐに草間先生に連絡をして、これからはいつでも作業に入れる状態ですと、伝えることができました。
さぁ、頑張るぞ! 
posted by サリー at 16:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
あのベストセラー『億万長者専門学校』のクリス岡崎がつくりあげた
億万長者専門学校1Dayスクール
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。