あのベストセラー『億万長者専門学校』のクリス岡崎がつくりあげた
億万長者専門学校1Dayスクール

2008年07月12日

収納のやり直しで処分する本をアマゾンで売ったら、4万円儲けちゃいました!

草間先生と最初の打ち合わせをしてから、来ていただくまで少し時間があったので、私は処分する予定で、まだ使えそうな本をアマゾンに1冊ずつ登録をしました。 約100冊あまりでしたでしょうか。

それから、主人が独身のときに使っていたゲームとゲームソフト、メモリーカードなど、それから子供のおもちゃを30点あまり。

その中のもの全てが売れたわけではありませんが、なんと先日入金口座を調べていたら、43,250円になっていました。

今回、台所の収納をやり直した際、ゴミ袋で7袋のゴミをだしました。
ほとんどは、賞味期限切れの食品と、使わない食器がほとんどでした。

二回目の和室の収納の際は、ゴミ袋で4袋のゴミがでました。
こちらは、使わなくなったシーツと子供と私の洋服類でした。

三回目は、和室と洋室の収納でしたが、ゴミ袋で3袋のゴミがでました。 こちらは、子供の使わなくなった「おもちゃ」がほとんどでした。

処分するものは、それなりにでてはいますが、今回行ったようにアマゾンを利用したり、近くのリサイクルショップにも持って行きました。

ちなみに、リサイクルショップは、40点ほどの引取りをしてもらって、2200円でした。

それから、赤ちゃんの洋服やおもちゃ類は、妹のところで使いたいというので、ダンボール2箱分を送付しました。

少しでも、処分するだけでなく、私なりに考えたのですが、まだ他にも方法がないか考えてみたいと思います。
posted by サリー at 00:00| Comment(0) | 私の収納体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

汚部屋がどんどん大変身しています!

7月8日に書いたブログでは、本当に恥ずかしい我が家の写真が沢山ありました。

でも、今日は大変身した我が家をご紹介します。

草間先生は、少し蒸し暑い中、朝から来てくださいました。

さて、今日も和室からスタートと思いきや、なんと小さな洋室へと向かったではありませんか。
先生、そこは「入らない方が」・・・こんな状態でした。
DSCN1191.JPG
この洋室は、パソコンの部屋と呼ばれていて、実際パソコンを使用することが多いのですが、部屋全体としては納戸というか、色んなものがこの部屋に集合しているのです。

草間先生は、「この部屋から子供のものを運びだしましょう。」と言って、「おもちゃ」や教材などを全て運びだしました。

そして、この部屋で一番多い、子供や私、主人のバック類の仮置き場所を作ってくださいました。
DSCN1250.JPG
これを見ると、まだ仮置きの状態ですが、部屋がスッキリしてきたことがわかると思います。

それから、本がリビングに全て集められました。
まだ、仮置きの状態ですが、以前の状態よりも本もソファーも整ったよう見えませんか。
DSCN1249.JPG

さて、7月8日に和室からスタートしましたが、その和室はこんな部屋になりました。
DSCN1247.JPG

押入れは、子供が喜ぶ「おもちゃ」の国ができあがりました。
DSCN1239.JPG

子供たちは、大喜びで「おもちゃ」で遊んでいました。
草間先生、今日も本当にお疲れさまでした。

posted by サリー at 00:00| Comment(0) | 収納の作業状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

草間流「おもちゃ」の収納術とは?

6歳と2歳の男の子2人を育てていますが、今一番頭を悩ませているのは、「おもちゃ」の収納なんです。

誕生日、クリスマス、お子様ランチについてくるおもちゃ、マクドナルドのおもちゃが、家には沢山あります。

子供は、一箇所で遊ぶことをしないで、どの部屋にも「おもちゃ」を持っていって、好きに遊んでいるので、「おもちゃ」が氾濫している状態です。

さて、草間先生がその「おもちゃ」をどのように収納するのか、昨日教えていただきました。

最初にこんな「おもちゃ」がどっさりカゴなどにあったとします。
DSCN1233s.JPG
それを、カゴなどからすべて取り出し、まずは分類をおこないます。
草間先生に聞いたところ、「木のおもちゃ」「人形」「紙もの」「布もの」「ブロック」など、とにかくそこにある「おもちゃ」を自分でカテゴリ分けをしてみるそうです。

どうしてもわからないものがある場合は、それはそれで分けておくそうです。

それを行った結果が、これです。
DSCN1230.JPG
この根気のいる作業を、草間先生は続けてくださって、家中に「おもちゃ」を一箇所に集めて、全ての分類を行いました。

分類を行ったあとは、私が処分するものを決めていきます。

これが、全ての「おもちゃ」の分類と処分が終わったところです。
DSCN1235.JPG
ここまで作業をすすめると、何だか気分がすっきりとしてきました。
posted by サリー at 00:00| Comment(0) | 収納の作業状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

汚部屋で一番ひどいのは和室?

梅雨で急に大雨が降るなか、草間先生が来てくださいました。
あっ、今日もどこかのパーティーに行かれるような、グリーンのワンピース姿! 「先生、今日もお洋服にびっくりしました。」と言うと、「これ、意外と動きやすいのよ。」と、ニッコリ笑っていきなり作業スタートです。

台所の次はどこを行うのか、私も気になるところでした。
草間先生は、全ての部屋の収納状況をもう一度確認して、しばらく考えていましたが、「和室の押入れにしましょう!」とのこと。

和室・・・それは草間先生、最後の方がいいのでは・・・
DSCN1204.JPG
これが、我が家の和室ですが、一番物が多くて、大変な気がして、私にとっては最難関の場所に、草間先生は挑もうというのです。
ちなみに、押入れはこんな状態です。
DSCN1208.JPG
草間先生は、本がリビングと押入れにあるので、全部リビングへ集めましょう!と決めてくださいました。
移動するまえのリビングの本は、こんな感じでした。
DSCN1171.JPG
私は、布団と衣類の分類と処分を担当して、草間先生は本の移動をしてくださったのですが、本当に重い本をどんどん運んで、本棚も軽く移動をさせ、押入れの中のテーブルなども、重いものもあるのにすごい速さで作業をされます。

やっぱり、草間先生の洋服は作業しやすい?と思わせるくらい、作業に支障のない様子でした!(でも、私にはマネできません。)

2歳8ヶ月の次男が、前回はおとなしく頑張っていましたが、今日は少し機嫌が悪いときがあって、実は私は作業を中断してお世話をすることが多々ありました。

でも、草間先生は「気にしないで」と、黙々と作業をされています。
最初の時に、子供がいても大丈夫ですよ・・・とおっしゃっていたけれど、本当によかったなぁ・・・と、思いました。
posted by サリー at 00:00| Comment(0) | 収納の作業状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

収納を変えると、子供もお手伝いができる!

台所の収納を草間先生にやり直してもらって、6日が経ちました。
我が家の汚部屋は、まだまだそのままの状態ですが、台所だけは違います。

6日経っても、キレイは続いております!
掃除をやるようになったので、より美しく輝くこともあります!

主人も、朝、味噌汁を作ってくれたり、休みの日に料理を作ってくれるようになりました。
主人に聞いてみたら、「前よりも使いやすくなって、気持ちがいいよね。」と言ってくれました・・・収納大成功ですね。

それから、これは私が母として、本当に嬉しいことがありました。
2人の子供が、「ママ、台所キレイだね。」 「草間せんしぇいすごいね。」と言っていたかと思ったら、お箸やコップなどお手伝いをしてくれたんです。

今までも、食器の置いてある場所は知っていたと思うのですが、お手伝いをしてくれたことはありませんでした。
それが、子供たちが自分たちで食事に必要なものを出してお手伝いをしてみよう、という気持ちにさせてしまうなんて、美的収納はすごいですよね。

2人の子供は、「早く、草間せんしぇいに会いたい!」と言っています。 私も、本当に早く会って、もっとキレイにしたいです!
posted by サリー at 00:00| Comment(0) | 収納の作業状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

汚部屋の理由・・・物の指定席が原因!

全ての物の指定席が決まると、その場所に返してあげるだけなので、片付けがラクになるのですね。
ずっと、出たままの急須と茶筒まで、しっかりと指定席ができました!

昨日、草間先生に作業を行っていただいてから、とにかく台所に立つことが本当に楽しみになってきました。

普段は、食器を洗うだけで精一杯だったのに、食器を洗ったあと、食器を置く作業が前よりも早くなったのです。
その時間を使って、あまり掃除をしなかったガスレンジのところまで、掃除をしてしまいました。(あっ〜気持ちがいい!)

それから、料理を作る時も、調味料やストックの食材などが使いやすい場所に置いてあって、とても見やすいので、使い忘れもなくなりそうだし、料理の時間も何故か短縮できるようになりました。

とにかく、収納を変えただけなのに、「使いやすさ」と「時間」、「美しさ」、「気持ちよさ」などを、一度に私は手に入れたような気がしています。

草間先生は、昨日写真を公開していますが、最初に食品と調味料、お菓子を全て集めてきて、すべて分類をしました。
その分類の後で、必要のないものは処分をしました。

最終的に、私が必要と思うものを収める場所を、私が使いやすい、家事の導線を考えながら、場所を決めてくださいました。

その時、草間先生は「台所で、ストレスを感じる収納はないですか?」と聞かれました。
「今のところ問題なく使えていると思います。」と私は答えたのですが、それは今日間違いだと気がつきました。
posted by サリー at 00:00| Comment(0) | 収納の作業状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

汚部屋の台所が、ここまで美的収納に返信しました!

草間先生が、私の自宅へ朝から来てくださいました。
なんと、草間先生は白い袖口が大きく広がったお洒落なブラウスに、サテンの白いパンツを履いていらっしゃいました。

「先生、今日作業は、その格好で大丈夫なんですか?」と聞いたところ、「大丈夫ですよ。」と、軽く答えてくださって、本当にどんどん作業を始めたのです。

一番最初にこの汚部屋のどこから手をつけるのか、私は内心そのことが心配でたまりませんでした。

すると、「台所からやりましょう」ということになりました。
さて、これが作業を行う前の状態です。
DSCN1175.JPG

DSCN1174.JPG
次は「食材と食器はどちらが多いですか。」と聞かれたので、「食材が多いと思います」と答えると、「それでは食材から始めましょう。」と作業がスタートしました。

食材や調味料を、リビングの一番広い場所へ移動させて、それぞれ分類を始めます。
DSCN1178.JPG
全ての分類が終了して、初めて収納作業に入れるのです。

さて、細かい説明を始めると時間がかかるので、作業後の写真はこちらになります。
DSCN1188.JPG

DSCN1210.JPG
約4時間ほどの作業で、台所の収納作業が終了しました。
草間先生は、「今日は仮置きですからね。」と、言われましたが、十分にキレイで使いやすくなりました。

作業の詳細については、また近日ご報告をさせていただきます。
posted by サリー at 00:05| Comment(2) | 収納の作業状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月30日

収納大変身に必要なものはありますか?

明日は、草間先生が来て収納作業をスタートさせることになっています。
もう、数日前からドキドキして、こんな気持ちは久しぶりです。

どうしても、作業に入る前に心配というか、聞いておきたいことがあって、草間先生に連絡をしました。

一つは、私には2歳7ヶ月の男の子がいるのですが、預ける先がないので、作業の時一緒にいるしかありません。 そのように、子供がいても作業をすることが可能なのでしょうか。

草間先生は、一言で「大丈夫ですよ。気にしないでくださいね。」と、すごく心強い言葉をもらえ、私は嬉しくなってしまいました。

草間先生は、その後にもう一つ「作業は私が行うので問題がないのですが、どうしてもクライアントさんにお願いしていることがあるんです。
それは、物がいるかいらないかの判断はご本人しかわからないので、その判断をお任せしているんです。」と・・・なるほど、それはその通りです。

もう一つの質問は、「草間先生、何か準備するものはありますか? 例えばジプロックを大・中・小とか、雑巾とか、ゴミ袋、小さな布切れなども」と、私は変な質問をしてしまいました。

実は、私3年前に収納アドバイザーの方に一度だけ来てもらったことがあるのです。
その時、準備するものとして、ジプロック大・中・小と、雑巾、ゴミ袋、小さな布切れが沢山必要だったのです。 それがないと、収納作業に入れなかったのです。

しかし、草間先生は、「何も必要ないから大丈夫ですよ。」と、笑って答えてくれました。「そうそう、クセがわからないから、片付けないでそのままにしておいてくださいね。」と、おっしゃっていました。

とても心配していたのに、気持ちが楽になって、ますます明日が楽しみになってきました。
posted by サリー at 00:00| Comment(0) | 私の収納体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

いよいよ、汚部屋大変身がスタートします。

先日、父の四十九日を済ませてきました。
四十九日までは、やるべきことも多く、残された母のことも心配で、毎日連絡をしている状態でした。

私も、いつまでも悲しんでいることは、反対に父を悲しませることだと思えるようになりました。

それに、今回は父のことから、多くのことを学んだ気がします。
父は、木工製作が大好きで、生活に便利なものを沢山作ってきました。
棚や、物置き、妹の家は丸ごと一軒分大工仕事まで行いました。

今思えば、家族のことを大切に思い、家族が喜ぶことを、父は一生懸命行っていたのだと思います。

草間先生は、「収納は愛です」と、よく私にも話しをしてくれますが、まさしくそれは父の考えとも共通していると思います。

私も、家族のために、そんな愛情を伝えられたら嬉しいです!

さて、本当に色々あって、スタートが伸びてしまいましたが、草間先生のスケジュールも都合がついて、7月1日に作業をスタートすることが決定しました!
草間先生、どうかよろしくお願いいたします。
posted by サリー at 00:00| Comment(1) | 美的収納を始めた理由。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

収納の作業に入れない・・・汚部屋はどうなることか。

4月29日、私の父が朝6時に心筋梗塞で急死をしました。
横浜の自宅でその知らせを受けて、私は泣きながら荷物をまとめて、すぐに宮崎の実家へむかいました。

昨日まで元気に仕事をしていて、最近電話をした時も、毎日風邪もひかずに仕事をしているよ・・・と、話してくれていたのに。

あまりにも突然のことで、私はこんなに涙がでたのは、生まれて初めてでした。

通夜から葬儀と、私は長女なので、全てのことを母と一緒に行わなくてはなりません。 
とにかく、父のためにも、全てのことを滞りなく行うことが私のやるべきことでした。

丁度、葬儀の日は草間先生がいらして収納作業をスタートさせる日でした。 横浜から宮崎へ向かう途中で、事前に連絡をしたところ、快く日程を変更してくださって、優しいメールもいただきました。

父は、今回の草間先生に依頼をして、部屋がどれだけ変わるか、本当に楽しみにしてくれていました。
私も、次に父が来る時は、気持ちのよい空間の中で生活してもらえると、部屋をみせることが目標だったのです。

その父がいなくなった今、私のパワーがダウンしてしまいました。
横浜に戻って1週間も、掃除をしなかったんです。
草間先生にも事情を話して、私は収納作業もとりかかれません・・・と弱音をはこうかと思った翌日、私は夢を見ました。

父が夢の中で、笑顔で手を振ってくれていました。 言葉は何もなかったけれど、私はこのままではいけない、子供のためにも、主人のためにも、私は明るく元気でいなくてはいけないと思いました。
それに、父も直接見せることはできないけれど、きっと私の家がキレイになることは楽しみにしてくれているはずです。

すぐに草間先生に連絡をして、これからはいつでも作業に入れる状態ですと、伝えることができました。
さぁ、頑張るぞ! 
posted by サリー at 16:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
あのベストセラー『億万長者専門学校』のクリス岡崎がつくりあげた
億万長者専門学校1Dayスクール
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。